トヨタのレンタカー「チョクノリ」が面白い

元々は国際C級のライセンスを持っていた位、車の運転が好きだったわけですが、独立を契機に固定費が重たい自家用車の保有を断念し、カーシェアに切り替えようと思い立って数年。主にタイムズ・カーシェアを利用していて、数日のお出かけにはレンタカーを借りるといった運用をしておりました。都内在住で、最寄り駅まで5分程度なので、ちょっと離れた大型スーパーへの買い物が億劫になった以外は、さほど不便は感じないようになりました。

言い換えれば、タイムズ・カーシェアのサービス設計が絶妙で、週末に予約が取りにくい点を除けば、実際に車を使った時間での課金になるため、予定が狂った場合などで、非常に心理的な負担が少なくなるように出来ています。

なかなか対抗になるサービスは出てこないなあと思っていたら、近くのトヨタレンタカーで「チョクノリ」サービスが始まりました。これは無人でレンタカーの貸し出し・返却手続きが出来るといったもので、営業時間外でも借りる・返却することが出来るようになり、タイムズのサービスに近いものになっています。

最寄りのトヨタレンタカーがチョクノリに対応していたために年始に使ってみたのですが、タイムズ・カーシェアとは違った運用で興味深かったです。

Bluetoothが使えるスマートフォンは必須

車の予約自体はWebかスマートフォンアプリで行いますが、車のカギを開け閉めするのはスマートフォンで行います。この際に車との接続にはBluetoothを利用しています。

Bluetoothの圏内に入ると、上記の様にロック/アンロックのボタンが表示され、車の施錠を行えます。乗ってしまえば後はキーレス車と同じ操作で、ブレーキペダルを踏みながらのON/OFFボタンでエンジンを動かします。利用が終わったらアプリの「利用を終了する」ボタンを押して返却手続きを行います。ガソリン代の精算分を含めて、確定利用料金の通知がメールで飛んできます。

タイムズの場合は、車載のキーボックスでのON/OFFと、カードキーでの解除が必要なので、若干手間は多いです。スマホの電池切れリスクを考えると、どちらも一長一短ありますね。またカーナビはタイムズの方がサービスと統合されており、事前の目的値設定や延長手続き、返却地への案内などが可能ですが、チョクノリでは普通のカーナビが積載されています。

タイムズの仕組みのレベルが高いので、まだまだといった所も多々見受けられるのですが、これがあちこちで利用できるようになると良いなあと思わせるサービスでもありました。