YogaBookの給電不良でサポートに連絡するも高額修理費で悩む

困ったことに、充電のUSBポートに接続するも、横のLEDは反応するんですね。
そして給電中は起動可能ですが、USBケーブルを抜くとバッテリー切れの状態になって落ちるんです。
USBを刺した状態では、OSが起動している場合でも、していない場合でも給電中の表示が出ますが0%から進みません。
設定>電池 画面では、「ACで充電しています」と表示され、基本的には0%のままですが、時々100%表示になる事があります。USBを抜くと電池切れで落ちるといった症状です。

持ち出す頻度は減ったとはいえ、最強のメモマシンなので、死なれても困るのでサポートに連絡してみた所、やはり要修理という案内が来ました。

問題は修理費なのですね。頂いた修理サービスの費用は次のページに。
 https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/hf000982 
さて本件の概算見積を考えてみますと、
作業費:10000円
送料: 3100円
部品代(システムボード):13000円~、(内臓バッテリー):3000円

パーツ交換が無ければ13100円、この手の修理だと、おそらくはシステムボードの交換をしてくるとなれば26000円、バッテリー交換で済めば16100円というところ。

見積を見てからキャンセルしようとすると、キャンセル料が3960円なので、送料を加味すると4500円かかるわけですね。

ヤフオクや中古店などを見ると20000円前後で販売されているのを見ると、大変悩ましい金額です。おそらくは何らかの接点不良だろうから、自分でバラしてみるかなあ・・・

未分類

Posted by tomi