SaaS用ブラウザー”Biscuit”が便利でした。

各所で紹介されていた”Biscuit”ブラウザーですが、使ってみた所、結構よかったので紹介なのです。

https://eatbiscuit.com/ja

もちろんURLを入力すれば普通のWebページを閲覧するためのブラウザーとしても機能しますが、それにはわざわざBiscuitを使わずとも、ChromeでもFirefoxでもEdgeでも十分でしょう。

Biscuitが便利なのは、サポートしているSaaS, SNSなどをまとめて管理できる点です。業務やプライベートでWebアプリケーションを利用するシーンも増えましたが、これらを普通のブラウザで利用する際には、何気にアプリケーションのタブを開きっぱなしにして、ずらっと並んでしまいがちな点です。幅も取るので「タブを固定」などでアイコン表示にするなど工夫をするわけですが、調べもののタブと混在して使い勝手の面で大変でした。

Biscuitはアプリ管理に割り切ったUIになっていて、利用するアプリをずらっとブックマークサイドバーのように並べておけるので、認証さえ通しておけば、利用したい時にクリックするだけでOKになっています。

登録できるアプリも、メジャーどころはかなり網羅しているようで、もしリストに無い場合には直接URLを指定して登録する事が出来ます

認証自体はシングルサインオン(SSO)などの仕組みは無く、個別に設定する必要がありますが、使い方を考えればSSOは不要でしょう。

体感的にはメニューをクリックしてからアプリのページを読みに行くため、表示されるまでのタイムラグがあります。この辺りはChromeなどのブラウザでタブで開きっぱなしにするよりは、ちょっと引っかかる感じもします。一度アクセスすれば、それなりにキャッシュされるようなので、我慢できる範囲だと思います。まずは、しばらく利用してみようと思います。