Windowsの音楽プレイヤーMusicBeeが良い感じ

WalkmanにはSonyのMusic Center for PCが推奨されるのですが、日常利用にはツライUIなんですよね。ずいぶん改善はされたのですが、いろいろと使い勝手がよろしくない。どうしても Music Centerを使わないといけない理由というのは、Walkmanでお任せのプレイリストで再生しようとすると楽曲ファイルの「12音解析」が必要なんですね。ただ解析処理を走らせておくと、アプリがハングアップして落ちて困っています。起動しておけば自動的に解析処理が走っているのですが、いつも間にやら落ちているんですよね。おそらくはメモリ扱い周りで大量の楽曲ファイルを処理すると止まっちゃうのかなと思います。言い換えれば、この解析機能を諦めればMusic Centerを使い続ける理由は何もないんですね。

もともとはiTunesを使っていて、今も併用しています。こちらは概ね問題なく使えているのですが、以前に購入した楽曲ファイルの再生でトラブルがあったり、アーティストの分類がおかしくなって、同じアルバムの楽曲なのに、同名のアーティスト名で2つに分かれてしまう事があるなどの、不思議なトラブルが起こります。

そんな事もあり、代替となる音楽プレイヤーをいろいろと試してみたところ、MusicBeeが非常に使い勝手が良かったです。

MusicBee(ただしMicrosoft Storeでも入手できるため、管理上はそちらの方が楽でしょう。)
https://getmusicbee.com/
英語サイトですが、アプリケーションは日本語対応しています。

再生

対応フォーマットはMP3, AAC, M4A, MPC, OGG, FLAC, ALAC, APE, Opus, TAK [ru], WavPack, WMA, WAV, MIDI, MOD, UMX, XMという事で、大抵のものには対応しています。アーティスト、アルバムでのリストなどは一般的なプレイヤーと同様。いい感じにプレイリストを作ってくれるオートDJ機能もあります。
また、音楽ファイルの再生だけではなく、ポッドキャストやインターネットラジオなどにも対応しています。

リスト表示をする際に、アルバム名の他、アーティスト名とアルバムアーティスト名とを別に表示できるのがポイント高いです。メニューや表示項目も自由にカスタマイズできるのも良いですね。

楽曲属性情報の編集機能

MusicBeeを気に入ったのは、属性情報の編集機能が充実している点です。

基本的にな編集機能は他のプレイヤーソフトと同様ですが、アートワークや歌詞がネットからダウンロードできます。(もちろん検索で見つかるものに限定されます。)iTunesなどにも同様の機能はありますが、こちらの方がヒットする割合が多い感じです。歌詞はあったらラッキーくらいのヒット率です。

1万曲以上登録していますが、動作も安定していて軽く非常に使い勝手が良いので、Windowsで音楽プレイヤーを探されている方には、ぜひお試しいただければと。