ThinkpadのCtrlキーとFnの入れ替えはBIOSで可能

2020年10月1日

キーボードショートカットを使いこなす人はCtrl+[key]といった、2つのキーを同時に押すといった操作を頻繁に行うと思います。Ctrl+Cでテキストのコピーとか。

多くの日本語キーボードでは、Ctrlキーは左下に配置されていて、押しにくいため、Aの左隣に移動させる方も多く見られます。

私のその一人で、キーの交換にはMicrosoftの"Ctrl2Cap"を使っていました。
https://docs.microsoft.com/en-us/sysinternals/downloads/ctrl2cap

たまたまThunderboltのファームウェア更新がうまくいかず、BIOS画面を調べていた時に見つけたのですが、どうやら、このキー交換はThinkpadだとBIOSの設定で出来そうなんですね。も~早く言ってよ~って感じです。

ご覧の通り、起動時のロゴ表示時にF1キーを押して、BIOS設定画面に入り、Config の"Fn and Ctrl Key swap"をEnableにして F10:Save and Exit すれば、目的は達成できそうです。

ひょっとしたらモデルによっても違うと思うので、出来なかったらゴメンナサイ。ちなみに上記の私のモデルは X1 carbon 5 gen です。

ちなみに先日購入したChromebook Ideapad Duetでは、設定画面で上記のキー割り当ての交換が出来ました。Chromebook