Webブラウザのサイズの指定にWindow Resizerが便利だった件

操作方法のドキュメントを作るためなどで、ブラウザ画面のスクリーンショットを取る場合に、大きさがまちまちだと貼った時のサイズがバラバラでレイアウトが難しくなります。

ブラウザ画面のサイズを指定しようと、開発者ツールなどでモニターしながらウィンドウのサイズ調整などを始めると、細かい所をピッタリ合わせたくなってイライラします。スクリプトレットみたいなのを作らないとダメかなあと思いつつ、拡張機能で誰か作ってそうな気がしたので、Chromeのストアを覗いたら見つけました。”Window Resizer”

https://chrome.google.com/webstore/detail/window-resizer/kkelicaakdanhinjdeammmilcgefonfh

典型的なサイズはプリセットされているので、そこから選んでも良いですし、直接に縦・横を指定する事も出来ます。

サイズを指定して 右下矢印ボタンをクリックすると、表示領域のサイズが指定値になります。後はお好みのチャプチャーツールを使えば、指定サイズのサイズ/動画が取得できるというわけです。