[Evernote] 新Windowsクライアントで一部のキーボードショートカットが変わっている問題

こんな記事も書いたわけですが、使っているうちに「おいおい、ちょっと待てよ」という箇所もちらほら出てくるようになりました。
とりわけシンドイのは、キーボード操作の変更ですね。

キーボードショートカットは以下の公式ページのリンクを貼っておきます。ひょっとしたら旧版のリストかもしれない。
https://help.evernote.com/hc/ja/articles/209004807

私が好んで多用していたキーボードショートカットのうち、Ctrl+: で日付・時刻が入力されるというものがありました。会議メモの最初に開催時期のタイムスタンプを書いたり、作業記録を書く時にも一発で入力できるので重宝していたわけです。

で、新クライアントでCtrl+: をすると・・・反応しねえ・・・

マズイ、これはマズイぞと上記にリンクしたショートカットのページで調べてみると、なんと

Alt + Shift + D日付と時刻を挿入

とあるじゃないですか。キー割り当てが変わってしまったぞ。おまけに時刻が表示されず、

Alt + Shift + D で日付
Shift + Ctrl + D で時刻

が記入されるようなのです。他にもファンクションキーの挙動などが違ってきているようですね。

「ツール」>「オプション」>「グローバルホットキー」タブから、ショートカットの設定を変更できます。

と書いてありますが、「ツール」メニューには「アカウント情報」と「環境設定>ログアウト時にデータを保存」しかないですよ・・・そのうち、公開されてほしい。変更したい!
エディター的なツールの操作変更って、手癖になっているものが多くてダメージ大きいんですよね。