マインドテックの冨です。

昔からのThinkpadファンで、今も数台を使い分けています。他のブランドのノートも数台持っていますが、Thinkpadはキーボードが良いのでメイン機なのです。

その中で、Lenovo Thinkpad X1 Carbon (第5世代)にリコールがかかりました。まじですか・・・

ThinkPad X1 Carbon第5世代ノートパソコン無償点検・修理のお知らせ
https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht504453

対象は、2016年12月から2017年10月までに生産された第5世代のものです。(”2017年11月1日以降に製造したThinkPad X1 Carbon第5世代は無償点検・修理の対象外”とのこと。すでに対策済のようです。)

リコールの内容としては、バッテリーの異常発熱の懸念。生産過程でユニット内に放置された小さなネジがバッテリーにダメージを与えると、オーバーヒート~発熱・発火の可能性があるという事で無償点検を提供するというものです。

自分の機体がリコール対象か否かは、上記のサイトに「マシンタイプ」と「シリアルナンバー(S/N)」を入力すると対象端末かどうかチェックできます。(本体の裏側に記載があります)

そして該当すると、下図のように「点検対象」の文字が。うげえ・・・

実際にレノボのサポートセンターに電話をかけてみると、名前、連絡先TEL&住所で修理IDが発行され、宅配業者による回収予定日の調整をします。回収から点検後に戻ってくるまで概ね5営業日とのことです。

サポセンになかなか電話がつながらない(朝9時からちょこちょこかけて、つながったのが午後3時ごろだったよ)ですが、該当した方は頑張ってコールしてみてください。