Twilioを利用した素晴らしいOSS ”OpenVBX”は、もっと広まっても良いと思うよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年のTwilioスマートコミュニケーションアワード2014で賞をいただき、今年のTwilio のカンファレンス “SIGNAL” 2015にも参加したせいか、時々、Twilio関連の案件打診をいただきます。昨日、Twilioを使ったコールセンターシステムの構築打診をいただいたのですが、予算が少なく、かつ、現状でも電話問い合わせがパンク気味なので、なるべく早急に欲しいという事でした。

例えば電話転送や留守番電話、指定のボタンを押した際に、押した番号によって転送先を切り替えるIVR機能などが必要とされるのですが、逆にこのくらいの要件であれば、オープンソースの素晴らしい製品”openVBX”を導入すれば簡単に利用できるのですね。

まずは、こちらのページをご覧いただくのがよろしいかと。OpenVBX powered by Twilio

まずはTwilioのアカウントを取得したのち、OpenVBXをインストールします。そしてTwilio関連の設定を入れてしまえば050番の電話番号はいくらでも購入できますし、それらの電話番号が着信した際の対応もドラッグ&ドロップなUIで定義できます。

もちろんIVRの機能も持っていて、押した番号によってふるまいを変えることができるわけです。(内部的にはTwilioのgather文を発行しているのだと思う。)

残念ながら日本語UIは用意されていないので、若干ハードルは高いですが、いわゆるLAMPスタックをいじれる人であれば、さほどインストールは難しくありません。

こんな事書いちゃうと開発案件が減ってしまうかもしれませんが(笑)、車輪の再発明をしてもしょうがないので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。(これをSaaSサービスで提供すれば儲かるんだろうなあとは誰もが言いますが、あまり手を付ける人がいないですね・・・)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。