Windows版Emacsでtabbarをインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分用のメモです。

Windows版のEmacsで、Packageを使ってパッケージをインストールしようとすると、エラーが出て出来ない場合がありまして。同じ設定でLinuxではすんなり入るのですが、Windows版だと途中で止まってしまっているようで困った。

elファイルを落としてきて、byte-compileするとかすれば使えるようになるんだろうけど、構成は合わせておきたいなあと。

packageの設定が出来ている事を前提にしまして

  1. パッケージのtarファイルをダウンロードしてくる。(今回は、tabbar-20141109.143.tar)
  2. C:\Users\(User Name)\AppData\Roaming\.emacs.d\elpa に解凍
  3. M-x update-directory-autoloads を実行
  4. “Update autoloads from directory:” プロンプトの後、”~/.emacs.d/elpa/tabbar-20141109.143/ を指定
  5. “Write autoload definitions to file:”プロンプトの後、”~/.emacs.d/elpa/tabbar-20141109.143/ tabbar-autoloads.el”を指定
  6. 上記のパスに tabbar-autoloads.el が作成されている事を確認

ここでemacsを再起動すると、tabbarが利用できるところまで確認。おそらくはパッケージのアップデートなどには対応出来ない気もするのだが、取り合えずの一時しのぎに。もっと良いやり方があるような気もする。単純にtar玉を展開するだけだと、起動時にエラーが出て有効にならないので上記3の手順が必要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。