EvernoteとGoogle Keepを使った情報管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんはEvernoteを使ってますでしょうか?自分の場合では仕事や日常のメモなど、多岐に渡って利用していましてEvernoteが無い生活はツライというレベルで依存しています。以前はEvernoteだけだったのが、最近ではGoogle Keepを併用するようになって、よりストレスが軽減されたと感じています。

Evernoteのメリット

Evernote以外にも多くのクラウドストレージやGoogleドキュメントやMicrosoft Officeオンラインなどのオンラインドキュメントのサービスがあります。そんな中でEvernoteを選ぶメリットはいくつかあります。

1. デバイスとの連携が便利

Scansnapとの組み合わせは素晴らしく、紙の資料をPDF化して、そのままEvernoteに放り込んでくれる機能が便利。そのまま検索も可能。ペーパーレス化に貢献してくれます。

2. 検索機能が素晴らしい

特に名刺のスキャンは最高で、特に分類しなくても会社名や名前の一部で検索できるのが楽ちん。名刺に合わせてノートにコンタクト履歴などを残しておけるので、簡易CRM的な利用も出来るのがステキ

3. タグによる横串検索

オンラインストーレージでは、ハードディスクと同様にフォルダ/ファイル名で管理するしかないのですが、ノートに張り付けたファイルでは任意のタグがつけられるので、関連事項のメモや資料を探すのに重宝してます。

4. Webのクリッピング機能が素晴らしい

調べものをしていると、あとでまとめて読み替えしたいものなどが出てきますが、全部ブックマークしていると、あっという間にブックマークが肥大してしまいます。これらの気になる記事をクリッピングツールを使ってEvernoteに放りこんでおいてます。以前はかなりレイアウトが崩れてしまう事がおおかったのですが、改良されて、ページ中の記事だけを選択してクリッピングしてくれるなど、洗練されてきています。

Evernoteが苦手な事

検索の都合上、極力、情報をEvernoteに一元化しておくようにしているのですが、だんだんとクライアントのツールが重くなってきているのが難点。PCだと常時起動しておけば良いのですが、スマートフォンでは都度起動するのがシンドイ。特に思いつきをメモるようなケースでは起動の時間がすごいストレスとなります。これを解消するために”PostEver”のような入力支援ツールを利用されている方もおられるようで、それはそれで良いと思います。

自分もいろいろと支援ツールを使ってみたのですが、オフラインでは利用できないものや、やはり起動のストレスが解消できないものが多くで、あまり満足できるようなモノがありませんでした。メモ系のツールもあれこれ試してみましたが、これといったものが無くて困ったなあと。

起動が速い”Google Keep”

そのような中でアイディアのメモに”Keep”を使うようになったのですが、これが非常の具合がよろしい。

  1. 起動が素早く、思い付きのメモには良い
  2. スマートフォンとPCでメモを同期出来る
  3. 写真なども保存できる。通知の機能もあり、

つまりは軽量版のEvernoteとして利用できるんですね。リマインダーとしては、人によってはこれで十分な人もいるかもしれない。これでEvernoteと連携できればいう事ないのですが、今の所は使い分けをしていて

とっさのメモはGoogle Keep ⇒ 後からKeepのメモをまとめて、Evernoteに記録

という流れが自分に向いていました。この「メモをまとめる」というプロセスで一旦、アイディアのネタを評価するというのがよいです。転記などの手間を考えると非効率のようにも思えますが、Evernoteに一本化していた時はメモった事に安心して、あとはそのままにしている時が多かったので、強制的にメモを見直さざると得ないわけです。

Evernoteでのメモに不満を持っている人は試してみてはいかがでしょうか。何より無料なのがステキ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。