0年 0月 の投稿一覧

CalDAVを利用したGoogleカレンダーとThunderbirdのカレンダーを同期するメモ

マインドテックの冨です。

以前、GoogleカレンダーとThunderbirdのカレンダーを同期する方法をポストしたのですが、その後、googleカレンダーのCalDAV機能を利用して同期を取れるようになっています。

久々に自分の環境に設定を入れたので、メモを残しておきます。

GoogleカレンダーのカレンダーIDの取得と同期用URLの作成

まずはgoogleカレンダー側の設定としては連携用のURLを調べる必要があるのですが、このためカレンダーIDをチェックします。

同期を取りたいカレンダーの設定画面から、マイカレンダーの設定>カレンダーの同期 より、カレンダーIDをメモします。(メインのものはgmailのアドレスと同じでした。)

このカレンダーIDよりCalDAV用のURLを以下のようにメモ帳等で作成しておきます。

https://www.google.com/calendar/dav/(カレンダーID)/events

 

Thunderbirdカレンダーの作成

続いてThunderbird側の設定です。既存のカレンダーのデータに統合するのは無理っぽかったので、新しい同期用のカレンダーを作成しました。

「ネットワークのサーバーに保存する」を選択して「次へ」

フォーマットに「CalDAV」、「場所」に先に作成したURLを記入して「次へ」

Thunderbirdのカレンダーへの表示名や色を指定して「次へ」

ここまでで設定は完了です。Thunderbirdのカレンダーに追加されていると思いますが、スイッチが入っていない場合には、カレンダー名を右クリックして編集画面を出して、「有効にする」スイッチを入れてください。

最初に接続する際にはGoogleアカウントの認証を求められます。2段階認証にしている人はアプリ用のパスワードを作成する必要があります。

(2段階認証は当然設定してますよね! まだの人はアカウントが破られる前に設定しておきましょう。)

google のアカウント画面より、「アプリパスワード」を選択

 

認証を通した次の画面で、アプリに「カレンダー」、端末にお使いの環境を設定し「生成」をクリック

作成したアプリパスワードを利用してThunderbirdからgoogleへの認証の際のパスワードとして記入します。

ここまで出来ればGoogleカレンダーの設定スケジュールがThunderbirdカレンダーに取り込まれると思います。逆にThunderbirdのカレンダーに入れた予定もGoogleカレンダー側に反映されると思いますので、試してみてください。

 

 

 

 

スマホの機種変後には、請求情報をチェックした方が良いという話

マインドテックの冨です。ちょっと愚痴っぽくなります。

何が起こったのかというと、いわゆる手続きミスによる過請求なんですね。私はDDIポケットにお仕事頂いた時からのユーザーで、ウィルコム~Y!モバイルと会社が変わってきましたが、移転するまでもないとひたすら継続していたわけです。

ウィルコムの提供していたサービスに、親回線と支払を合わせる事で複数のPHSを子回線として、基本料無料で維持できるというオプションがあったのですね。これは通話料の従量課金で端末を維持できるため、子供用にちょうど良かったわけです。

そして私のスマホの機種変の際に、このオプションサービスの引継ぎがなされておらず、気づかぬうちに基本料の請求が始まっていたわけです。親回線と子回線の関係が切り離されていて、親回線の請求情報に出てこないため、なかなか気づきにくいのですね。もともと子回線側も通話がなければ請求額が0円なので。

Y!モバイルの請求は”ソフトバンクM(*月分)”名義で毎月15日に引き落としがあるのですが、旧契約からのものは月末に引き落とされているのも分かりにくくしているんですよね。

サポートに伺った所、旧契約の引き落としの名義は

ワイモバイル(W)⇒旧ウィルコム契約。
ワイモバイル(E)⇒旧イーモバイル契約。
ソフトバンク(M)⇒ワイモバイル契約。

となっているそうです。

最初の1年だけ適用される割引やら、端末代にかかる各種コスト&割引プラン、家族割などのキャンペーンなど、スマホ/携帯関連の料金表は複雑怪奇なので、請求額が妥当なのかなかなか分かりにくい所もあるのですが、上記の私のケースだと引き落とし情報を見ないと気づきにくいため、注意喚起のために情報共有しました。

まあ比較的プランが分かりやすいと言われるY!モバイルでさえ、こんな感じなので、他のキャリアはもっとスゴイのでしょうね・・・